ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルというのは、植物が自らを守るためにつくり出した天然成分です。

動かずして外敵から身を守る

植物はいちど芽を出したらその場を動くことができません。どんなに日差しの強い日でも、太陽の紫外線を直接浴び続けてしまいます。害虫、動物などといった敵に対して、動けないというのはかなり不利な状態といえます。

ところが植物は、動物に比べてかなり長生きです。数千年も生き続けている木だってあります。これはどうしてでしょうか。動物の中ではかなり長寿のはずの人間でさえ、200年生きていられるヒトはいません。

植物には、動物にはない高度な生存システムが存在するのです。生命を脅かす多くの要因から、動かずして身を守るための進化を遂げてきたのです。ファイトケミカルはその集大成的な物質といえるでしょう。

ファイトケミカルの代表例

成分 食品
アントシアニン 赤ワイン
紫イモ
プロアントシアニジン クランベリー
カテキン 緑茶
タンニン 緑茶
リグナン ゴマ
クルクミン ウコン
リコピン(赤色成分) トマト
スイカ
テルペン類(苦味・香り成分) バナナ
イソチオシアネート キャベツ
オイゲノール(香気成分) バナナ
β‐カロテン ニンジン
ホウレン草
イオウ化合物 白菜(淡色野菜)
グルコブラシシン 白菜(淡色野菜)
システインスルホキシド タマネギ
ニンニク